ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

現在地

トップページ > ようこそ町長の部屋へ > 「鬼の町づくり・第7回鬼の造形大賞」について

「鬼の町づくり・第7回鬼の造形大賞」について

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年2月25日更新

 「鬼の町づくり・第7回鬼の造形大賞」へ多くのご応募ありがとうございました。

 鬼北町は、全国1741の地方公共団体の中で唯一「鬼」の文字が入る自治体であります。全国唯一「鬼」の文字の入った町名を活かし、特色ある町づくりを進める一環で、毎年全国に鬼の造形物を募集し「鬼の造形大賞」イベントを開催しております。

 今年で7回目の開催となり、これまでに全国47都道府県から462体の鬼の造形が集まっています。今年は全国から102体、応募者88名、年齢は8歳の子供さんから最高齢は82歳のおじいちゃんまで応募いただいています。心から感謝申し上げます。

 これまでのイベントで500体を超える造形物となりましたので、この貴重な素晴らしい作品を、町内外の方々に、これまで以上にご覧いただき楽しんでいただける空間を造っていく必要性を感じています。

 併せて、現在、鬼のまちづくりの一環として、街並みの壁などに「鬼のウォールアート」、イベントとしては、「愛ある鬼嫁コンテスト」、「鬼のお太鼓コンテスト」などを開催、さらにJR予土線の利用促進を狙って「鬼列車」の運行などに取り組んでいます。

 コロナの収束を願い、その後で多くの方々に喜んでいただける時間・空間をお届けできることを楽しみにしております。

 

鬼北町長 兵頭 誠亀

第7回鬼の造形大賞作品(審査会の様子から)
審査会1 審査会3
審査会5 審査会4
審査会5 審査会6
審査会7 審査会9
審査会9 審査会10
審査会13 審査会14