ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

現在地

トップページ > 組織でさがす > 保健介護課 > 令和3年度健康診断・がん検診日程のお知らせ(令和3年2月18日更新)

令和3年度健康診断・がん検診日程のお知らせ(令和3年2月18日更新)

印刷用ページを表示 掲載日:2021年2月13日更新

令和3年度健康診断・がん検診について、日程が決定しましたのでお知らせいたします。

各種健康診査申込書(集団健診)を各戸に配布いたしましたので、事前予約をお願いいたします。

 

令和3年度健康診断・がん検診日程表(総合健診) [PDFファイル/293KB]

令和3年度がん検診日程表・料金表 [PDFファイル/107KB]

※ 肝炎検査は40歳の方へ受診のご案内を送っています。なお、これまで一度も受診したことがない人も健診と同時に検査ができます。

※ 日曜の子宮がん検診は9月5日が子宮頸がん検診のみ、11月14日が子宮体がんセット健診のみとなっております。(いずれもHPV検査可能です)

※ 日程の時間を下記のとおり一部変更しました。日程表を新しいものに変更しています。

  検診項目:腹部超音波検診(腹部エコー)

  該当日程:9月2日(好藤公民館)、9月3日(愛治公民館)

  変更前8:30~11:00 → 変更後8:00~11:00

 

 

託児サービスつきの健康診断があります

令和3年度の託児サービスつきの健康診断は9月5日です。原則未就学児で、希望される方はお手元に届いた「令和3年度鬼北町各種健康診査申込書(集団健診)」にお子様の氏名等をご記入の上、役場保健介護課までご提出ください。(下記連絡先をご参照ください)

 

 

令和3年度からHPV検査ができるようになります

令和3年度から、希望される方においてHPV検査ができるようになりました。(全額自己負担)

 

HPV検査とは?

子宮頸がんの原因であるHPV(ヒトパピローマウイルス)は、性交渉の経験がある女性約80%が一度は感染するといわれている、ありふれたウイルスです。

HPV検査は、HPVに現在感染しているかどうかを調べる検査です。検査方法は、子宮頸がん検診時に採取した細胞で検査をおこないます。

近年、子宮頸がんの若年化が進み、20~30代の若年者の罹患率が増加しています。従来の細胞診にHPV検査を追加することにより、がんになる手前の状態(前がん病変)の発見率を高めることが期待されています。