ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

現在地

トップページ > 組織でさがす > 町民生活課 > 「トゥレット症」について

「トゥレット症」について

印刷用ページを表示 掲載日:2019年5月14日更新

 皆さんは「トゥレット症」という言葉を聴いたことがあるでしょうか?

 「トゥレット症」とは、運動チックと音声チックが1年以上続く脳機能の障害で、発達障害の一つでもあります。

 (「チック」とは、反復する動きや声で、意図的なものではなく簡単に止めることが出来ない、生物学的な機序のある脳の神経疾患で、発達障害の一つでもあります。)

 「トゥレット症」は、現在の医学では根本的治療法が確立されていないため、生活の中で合理的配慮(安心してチックを出せる場所を確保してあげる等)が重要になってきますが、まだ認知度が低く、理解が得られないがために差別的な扱いを受けることが多くあるようです。

 そこで毎年5月15日から6月15日を「トゥレット症啓発月間」として、イベント等により啓発していくことで「トゥレット症」についての理解を深めていくこととしています。

 今年度は6月9日(日曜日)に東京都において「トゥレット症」啓発イベント2019 [PDFファイル/738KB]が別添のチラシ [PDFファイル/261KB]のとおり実施されます。 

 町民の皆さんのご理解ご協力をお願いします。