ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

現在地

トップページ > 防災・災害情報 > り災証明書及び被災証明書の発行について

り災証明書及び被災証明書の発行について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年7月12日更新

り災証明書及び被災証明書の発行について

 
 このたびの豪雨で被災されました皆様には、心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復旧を願っております。

 

 今回の災害において、鬼北町役場町民生活課では「り災証明書」及び「被災証明書」を発行いたしす。

 

1 り災証明書とは

  風水害・地震などの災害で被災した住家の被害の程度を証明するものです。

  ※住家とは・・・現在、居住のために使用している建物のこと。店舗、倉庫、空き家等は除く。

  ※住家以外の家屋に対して「り災証明書」の発行が必要な方は、鬼北町役場町民生活課までお問い合わせください。

 

  証明書の発行にあたっては、町が家屋の被害状況について現地調査を行った上で、

  「全壊・大規模半壊・半壊・一部損壊・一部損壊(床上浸水)・一部損壊(床下浸水)」などの区分で、被害の程度を証明します。

  【用途例】

   (1)被災者生活再建支援法等に基づく支援制度の申請(適用を受けた市町に限る)

   (2)損害保険等の請求

   (3)税の減免、猶予

   (4)その他の被災者支援策の申請 など

 

2 被災証明書とは

  風水害・地震などの災害により、住家以外の家屋、車両、家財等が被害を受けた事実を証明するものです。

  ※被害の程度については判定しません。

  【用途例】

   (1)損害保険等の請求

   (2)銀行からの融資を受ける場合

   (3)勤務先への提出 など

 

   ※用途については一例です。

    なお、証明書を発行しても、被害状況によっては支援を受けられない場合がありますので、
    支援の有無、証明書提出の有無等については、各関係機関にお問い合わせください。

 

3 証明書の発行に必要なもの

  (1)申請書

  (2)本人確認書類

  (3)印鑑

  (4)代理人申請の場合は委任状

  (5)被害状況が分かる写真等

   ※申請書及び委任状の用紙は、鬼北町役場町民生活課又は日吉支所に置いてあります。

 

4 交付手数料

  免除

 

5 申請期間

  上記申請は、被災日より期間が空いてしまうと、今回の豪雨で被害を受けたものかどうか判断ができなくなるため、
  おおむね1ヵ月以内でお願いします。

 

6 申請様式

  (1)罹災証明申請書 [Wordファイル/24KB]

  (2)罹災証明申請書(記入例) [PDFファイル/131KB]

  (3)被災証明申請書 [Wordファイル/22KB]

  (4)被災証明申請書(記入例) [PDFファイル/141KB]

  (5)委任状 [Wordファイル/15KB]

7 問い合わせ・提出先

  鬼北町役場 町民生活課 資産評価係(内線:2124・2125)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)