ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

現在地

トップページ > 組織でさがす > 教育課 > 『山岳信仰遺跡めぐりトレッキング2~山岳修験の行場(彦惣岩屋)へ行こう~』開催のお知らせ

『山岳信仰遺跡めぐりトレッキング2~山岳修験の行場(彦惣岩屋)へ行こう~』開催のお知らせ

印刷用ページを表示 掲載日:2017年9月21日更新

山岳信仰遺跡めぐりトレッキング2~山岳修験の行場(彦惣岩屋)へ行こう~』

 奈良山に所在する山岳信仰遺跡の一つ、「彦惣岩屋」は修験者が篭って修行した洞窟です。こうした洞窟は他界への入口、あるいは母胎ともされ、洞窟修行は象徴的に死んだ修験者が、母胎に抱かれて仏として再生する、擬死再生のモチーフで意味づけられています。
 現在までに踏査や測量調査を進めてきたところ、周辺には石積みを用いた柴灯護摩壇や自然石転用の護摩炉などの遺構も発見され、山岳修験の行場としての姿が明らかになってきました。
 本イベントでは実際に山岳信仰遺跡を歩き、かつて鬼北の奈良山でさかんに行なわれていた山岳修験活動を体感してもらうことを目的として開催します。

【日程】

平成29年10月29日(日曜日) 10時00分~16時00分(予定)
※天候等により、帰着時間が前後する場合があります。

【場所】

鬼北町中央公民館3階大会議室 及び 現地
※駐車場は本庁前・中央公民館前・河川敷駐車場をご利用ください。

【講師】

山本義孝先生(日本山岳修験学会理事・日本宗教学会会員)

【行程】

「午前の部:講演会」+「午後の部:トレッキング」で実施

 10時00分~11時30分 山本義孝氏による講演会
 11時30分~12時15分 昼食(中央公民館)
 12時15分~13時25分 移動(バス、トレッキング)
 13時25分~15時25分 彦惣岩屋見学、解説
 15時25分~16時30分 移動(トレッキング、バス)
     16時30分 中央公民館着・解散
※帰着時間は前後する可能性があります。

【募集人数】

先着20名程度

【募集対象】

足腰の丈夫な方(毎年秋に開催している等妙寺ウォーキングよりハードなコースです。)

【準備物】

トレッキングしやすい服装、靴、トレッキングステッキ等山歩きグッズ(必要な方)、虫除けマダニ除けスプレーなどマダニ対策、昼食、水筒、その他各自必要なもの

【その他】

「午前の部:講演会」は天候に関係なく実施します。「午後の部:トレッキング」は小雨決行ですが、安全のためやむを得ず中止する場合があります。
※鬼北町トレッキング協会のイベントではありません。また、同日開催の農林課主催のトレッキングとは趣旨が異なります。

【申し込み方法】

 下記お問い合わせ先の電話、ファックス、メールいずれかでお申し込みください。その際、「氏名」、「住所」、「連絡先(電話番号)」をお伝えいただきますようお願い致します。また、定員になり次第募集を締め切らせていただきますので、ご了承ください。

【お問い合わせ先】

鬼北町教育委員会 教育課 文化スポーツ係
〒798-1395 愛媛県北宇和郡鬼北町大字近永800-1
Tel:0895-45-1111(内線4112・4114)
Fax:0895-45-2061
E-mail:s.orita@town.kihoku.ehime.jp
チラシ

前のページに
戻る
このページの
トップへ