ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

現在地

トップページ > 組織でさがす > 教育課 > 平成29年度 鬼北町埋蔵文化財活用事業

平成29年度 鬼北町埋蔵文化財活用事業

印刷用ページを表示 掲載日:2017年7月5日更新
 平成29年度鬼北町埋蔵文化財活用事業の事業概要を紹介します。

事業名

鬼北町埋蔵文化財活用事業

事業期間

~平成30年3月31日

事業の目的

 等妙寺旧境内をはじめとする遺跡の積極的な利活用を進めることで、文化財保護の啓発を図り、地域の魅力発信、郷土愛精神の醸成、地域活性化に資することを目的とする。

事業内容

等妙寺旧境内では、史跡に親しみながら学習できる体験学習会や山岳信仰遺跡めぐりトレッキング、「等妙寺ウォーキング」イベントを開催し、史跡の利活用を推進する。秋には山岳信仰をテーマとした企画展を開催する。
 岩谷遺跡(縄文)、興野々寺山遺跡(弥生)では、縄文から弥生時代の生活を体験できる場の形成のために、竪穴住居復元やその復元のために学習会を昨年度に引き続き実施する。

等妙寺旧境内

・景観環境調査 ・ウォークイベントの実施 ・山岳信仰遺跡めぐりトレッキング(春・秋)等

岩谷遺跡・興野々寺山遺跡

・竪穴住居復元プロジェクト(継続)

講座・学習会・講演会・企画展等

・史跡を使った「鬼北キッズふるさと探検」の開催 ・文化財サポーター講座 ・明星ヶ丘企画展の開催

前のページに
戻る
このページの
トップへ