ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

現在地

トップページ > 組織でさがす > 水道課 > 鬼北町水道事業業務状況

鬼北町水道事業業務状況

印刷用ページを表示 掲載日:2011年1月6日更新

上下水道

 ■鬼北町水道事業 業務状況

鬼北町水道事業業務状況(平成20年4月1日~平成21年3月31日)

(財政状況等)
 平成20年度の決算は、収益的収支は総収益387,002千円で、うち給水収益(水道料金収入)などの営業収益が264,183千円、他会計補助金、雑収益などの営業外収益が122,755千円、特別利益 (過年度損益修正益) が64千円となっています。
一方、配水及び給水費、減価償却費などの総費用は353,129千円で、総収益から総費用を差し引いた当年度純損益は33,873千円の純利益となり、前年度繰越利益剰余金9,826千円を合わせ、当年度未処分利益剰余金43,699千円を計上しました。
また、資本的収支については、他会計負担金、工事負担金などの収入が190,327千円に対し、建設改良費、企業債償還金の支出が398,629千円で、差引収支不足額208,302千円は、建設改良積立金 25,000千円、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額107千円、過年度分損益勘定留保資金71,643千円及び当年度分損益勘定留保資金111,552千円で補填しました。

資本的支出のうち建設改良費は、近永地区の老朽化した給配水管の更新をはじめ、道路改良工事において支障となった送・配水管布設替工事を実施しましたほか、渇水時に備え、大藤水源池へ導水管布設を施工しました。
 
(給水状況)
給水人口は 10,532人、給水栓数は 4,312件、当年度総配水量は1,295,810トン、当年度有収水量は 990,756トンで、有収率は76.5%となりました。
 

損益計算書

 ●損益計算書(単位:千円)

 水道事業費用

水道事業収益

   当年度純利益 33,873千円

貸借対照表

●貸借対照表(単位:円)

資産の部負債及び資本の部
科目金額科目金額
資産合計7,410,347,050負債資本合計7,410,347,050
固定資産7,244,169,022固定負債5,000,000
 有形固定資産7,244,169,022 引当金5,000,000
土地57,303,215流動負債3,823,328
建物113,431,913 未払金3,823,328
構築物5,878,609,528 前受金0
機械及び装置1,192,945,575資本金4,008,737,485
車輌及び運搬具892,913 自己資本金134,869,745
器具及び備品985,878 借入資本金3,873,867,740
建設仮勘定0剰余金3,392,786,237
流動資産163,478,028 資本剰余金3,313,126,919
 現金預金160,467,310 補助金3,045,796,705
 未収金2,729,378 工事負担金89,687,408
 貯蔵品281,340 その他資本剰余金177,642,806
繰延勘定2,700,000 利益剰余金79,659,318
 開発費2,700,000減債積立金19,700,000
  建設改良積立金16,260,004
  当年度未処分利益剰余金43,699,314


前のページに
戻る
このページの
トップへ