ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

現在地

トップページ > 組織でさがす > 水道課 > 鬼北町水道事業業務状況

鬼北町水道事業業務状況

印刷用ページを表示 掲載日:2011年1月6日更新

上下水道

■鬼北町水道事業 業務状況

鬼北町水道事業業務状況(平成21年4月1日~平成22年3月31日)

(経営状況等)
平成21年度の決算は、収益的収支は総収益379,394千円で、うち給水収益(水道料金収入)などの営業収益が262,062千円、他会計補助金、雑収益などの営業外収益が117,329千円、特別利益 (過年度損益修正益) が3千円となっています。

一方、配水及び給水費、減価償却費などの総費用は337,276千円で、総収益から総費用を差し引いた当年度純損益は42,118千円の純利益となり、前年度繰越利益剰余金10,699千円を合わせ、当年度未処分利益剰余金52,817千円を計上しました。

また、資本的収支については、他会計負担金、工事負担金などの収入が35,145千円に対し、建設改良費、企業債償還金の支出が251,164千円で、差引収支不足額216,019千円は、建設改良積立金 30,000千円、過年度分損益勘定留保資金74,995千円及び当年度分損益勘定留保資金111,024千円で補填しました。

資本的支出のうち建設改良費は、広見上水道計装設備改良工事では濁水対策として監視制御機能の増設及び監視装置を大藤、成川、葛川の各浄水場にそれぞれ設置いたしました。また、大藤水源導水ポンプの取替工事を行ったほか、渇水時に備えて大藤水源池へ導水管布設を実施しました。
 
(給水状況)
給水人口は 10,492人、給水栓数は 4,304件、当年度総配水量は1,297,653トン、当年度有収水量は 982,304トンで、有収率は75.7%となりました。
 

損益計算書(単位:千円)

水道事業費用

水道事業収益

 当年度純利益 42,118千円

貸借対照表(単位:円)

資産の部負債及び資本の部
科目金額科目金額
資産合計7,275,331,755負債資本合計7,275,331,755
固定資産7,096,164,552固定負債5,000,000
 有形固定資産7,096,164,552 引当金5,000,000
土地57,303,215流動負債5,090,201
建物111,674,768 未払金5,090,201
構築物5,788,910,737 前受金0
機械及び装置1,136,576,141資本金3,826,747,207
車輌及び運搬具778,613 自己資本金164,869,745
器具及び備品921,078 借入資本金3,661,877,462
建設仮勘定0剰余金3,438,494,347
流動資産176,967,203 資本剰余金3,346,717,406
 現金預金173,609,397 補助金3,045,796,705
 未収金2,980,836 工事負担金90,777,408
 貯蔵品376,970 その他資本剰余金210,143,293
繰延勘定2,200,000 利益剰余金91,776,941
 開発費2,200,000減債積立金22,700,000
  建設改良積立金16,260,004
  当年度未処分利益剰余金52,816,937

参考リンク


前のページに
戻る
このページの
トップへ