ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

現在地

トップページ > 組織でさがす > 水道課 > 漏水等による水道使用料の軽減申請

漏水等による水道使用料の軽減申請

印刷用ページを表示 掲載日:2018年3月2日更新

漏水等による水道使用料の軽減申請

鬼北町では、不可抗力による漏水等が生じた場合に限り、当該月の漏水量を算出し、漏水量の2分の1を限度として軽減を行なっております。

対象とする条件

  • 漏水箇所に制限はなく、不可抗力による漏水であること。
  • 『鬼北町指定給水装置工事事業者』によって既に修理済であること。
  • 上記を満たした上で、役場水道課へ必要書類によって申請が行なわれた場合。

軽減料金の算出方法

  1. 修理及び申請が行なわれた月を対象月とし、前3箇月の使用水量の平均を『当該月の使用水量』とする。
  2. 『実際の使用水量』と『算出した使用水量』の差を『漏水量』として扱う。
  3. 『実際の使用水量』から『漏水量』の2分の1を差し引き、『軽減された水道使用料』を算出。
  4. 『請求予定又は、請求後の水道使用料』と『軽減された水道使用料』の差額を『軽減料金』とする。
例:4月中に漏水確認及び修理を行なった場合(広見地区、口径サイズφ13mm) 
請求月1月2月3月4月
使用水量(㎥)111050
  • 平均から4月の使用水量算出:(1月:11㎥+2月:9㎥+3月:10㎥)/3=10㎥
  • 4月の漏水量算出        :50-10=40㎥
  • 軽減された水道使用料算出  :50-(40/2)=30㎥【7,776円
  • 軽減料金算出           :13、608円-7,776円=5,832円

必要申請書類


前のページに
戻る
このページの
トップへ