ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

現在地

トップページ > 組織でさがす > 総務財政課 > 平成24年度入札・契約制度の改善について

平成24年度入札・契約制度の改善について

印刷用ページを表示 掲載日:2017年2月20日更新

 鬼北町では、入札・契約制度の客観性、競争性の向上をより一層図るとともに、入札手続の公平性の確保と適切な入札方式の採用に努めるため、次のとおり改善し、平成24年4月1日から実施することとしました。
 なお、平成25年度以降、一部改正しています。

改善項目

1 鬼北町一般競争入札実施要綱の改正

2 建設工事における低入札価格調査制度の導入

3 建設工事における最低制限価格制度の導入

改善内容

1 鬼北町一般競争入札実施要綱の改正

(1)    目 的

   公共工事の入札、契約の手続のより一層の透明性及び競争性を確保し、入札の円滑な執行を図るため。

(2)    概 要

ア 対象工事

  対象とする工事は、設計金額3,000万円以上のものとする。ただし、次に掲げる場合は、この限りでない。

(ア)      工事の業種及び内容によって、業者数が限定できる場合

(イ)      災害復旧工事等緊急を要する場合

(ウ)      対象設計金額未満であっても、工事の業種及び内容によって、一般競争

入札が適当な場合

(エ)      その他、町長が認める場合

イ その他

  詳細については、鬼北町一般競争入札実施要綱(平成26年6月1日一部改正) [PDFファイル/145KB]をご覧ください。

2 建設工事における低入札価格調査制度の導入

(1)    目 的

 公共工事の品質を確保するとともに、極端な低価格受注により懸念される工事の手抜き、下請へのしわ寄せ、労働条件の悪化、安全対策の不徹底等の弊害をより一層未然に防止するため。

(2)    概 要

ア 対象工事

  対象とする工事は、設計金額3,000万円以上のものとする。ただし、町長が特に認めた場合は、この限りでない。

イ 調査基準価格の算定方法

区分

計算式

備考

土木工事

(直接工事費×0.95+共通仮設費×0.9+現場管理費×0.8+一般管理費×0.55)×1.08

ただし、左欄の計算式により算出した額が予定価格に7/10を乗じて得た額を下回る場合にあっては、予定価格に7/10を乗じて得た額を調査基準価格とする。

建築工事(建築物に係る機械設備工事及び電気設備工事等を含む。)

{直接工事費×0.9×0.95+共通仮設費×0.9+(直接工事費×0.1+現場管理費)×0.8+一般管理費×0.55}×1.08

ウ 失格判断基準の適用

最低価格入札者が調査基準価格を下回り、かつ入札時に提出した工事費内訳書記載の各費目の金額が、下記に掲げる失格判断基準のいずれか一つに該当する場合は、調査を実施することなく、当該入札を失格とします。

費目

基準

直接工事費

 設計金額における直接工事費の75%未満

共通仮設費

 設計金額における共通仮設費の70%未満

現場管理費

 設計金額における現場管理費の70%未満

一般管理費

 設計金額における一般管理費の30%未満

※     ただし、この基準により難いときはこの限りでない。

エ 落札者の決定

  入札の結果、予定価格の制限の範囲内で、かつ、調査基準価格以上の入札が行われた場合には最低の価格をもって入札した者を落札者とし、調査基準価格を下回る入札が行われた場合には、落札者の決定を保留し、当該価格によって契約内容に適合した履行がなされるか否かを調査し、その結果に基づき落札者を決定する。

オ 調査基準価格の公表

  契約の締結後に公表

カ その他

詳細については、鬼北町低入札価格調査制度実施要綱(平成26年6月1日一部改正)  [PDFファイル/129KB]をご覧ください。

3 建設工事における最低制限価格制度の導入

(1)    目 的

 公共工事の品質を確保するとともに、極端な低価格受注により懸念される工事の手抜き、下請へのしわ寄せ、労働条件の悪化、安全対策の不徹底等の弊害をより一層未然に防止するため。

(2)    概 要

ア 対象工事

  対象とする工事は、設計金額3,000万円以上とし、調査基準価格設定案件を除き、町長が特に必要と認めた場合に限る。

イ 最低制限価格の算定方法

区分

計算式

備考

土木工事

(直接工事費×0.95+共通仮設費×0.9+現場管理費×0.8+一般管理費×0.55)×1.08

ただし、左欄の計算式により算出した額が予定価格に8/10を乗じて得た額を下回る場合にあっては、予定価格に8/10を乗じて得た額を最低制限価格とする。

建築工事(建築物に係る機械設備工事及び電気設備工事等を含む。)

{直接工事費×0.9×0.95+共通仮設費×0.9+(直接工事費×0.1+現場管理費)×0.8+一般管理費×0.55}×1.08

ウ 落札者の決定

  最低制限価格以上の価格で入札した者のうち、最低価格の者を落札者とし、最低制限価格を下回る入札は失格とする。

エ 最低制限価格の公表

  契約の締結後に公表

オ その他

詳細については、鬼北町最低制限価格制度実施要綱(平成26年6月1日一部改正) [PDFファイル/84KB]をご覧ください。

・     鬼北町一般競争入札実施要綱(平成26年6月1日一部改正) [PDFファイル/145KB]

・     鬼北町低入札価格調査制度実施要綱(平成26年6月1日一部改正) [PDFファイル/129KB]

・  鬼北町低入札価格調査制度実施要綱別表 [PDFファイル/68KB]

・     鬼北町最低制限価格制度実施要綱(平成26年6月1日一部改正) [PDFファイル/84KB]


前のページに
戻る
このページの
トップへ