○鬼北町成川渓谷キャンプ場施設条例

平成17年1月1日

条例第168号

(設置)

第1条 青少年の育成強化のため、成川渓谷沿いの林間にキャンプ場を設置する。

(名称及び位置)

第2条 キャンプ場の名称及び位置は、次のとおりとする。

(1) 名称 鬼北町成川渓谷キャンプ場

(2) 位置 鬼北町大字奈良奈良奥山国有林55林班イ小班、57林班イ小班

(指定管理者による管理)

第3条 町長は、鬼北町成川渓谷キャンプ場(以下「キャンプ場」という。)の管理を地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項の規定により、指定管理者(同項に規定する指定管理者をいう。以下同じ。)に行わせることができる。

2 前項の規定によりキャンプ場の管理を指定管理者に行わせる場合において、当該指定管理者が行う業務は、次のとおりとする。

(1) 利用の許可に関すること。

(2) キャンプ場の維持管理に関すること。

(3) 第1条に規定する事業の実施に関すること。

(4) 利用料金の徴収に関すること。

(5) 前各号に掲げるもののほか、キャンプ場の管理に関し町長が必要と認めること。

3 指定管理者は、この条例この条例に基づく規則その他町長が定めるところに従い、適正にキャンプ場の管理を行わなければならない。

4 第1項の規定によりキャンプ場の管理を指定管理者に行わせる場合は、次条の規定中「使用料」とあるのは、「利用料金」と読み替えるものとする。

(使用料)

第4条 キャンプ場の使用料は、無料とする。ただし、テント等の貸出しについては、別表に定める額により算出した合計額(10円未満の端数は切捨て)を使用料として徴収するものとするが、資力のない者その他使用料を徴収することが不適当と認めるものに対しては、これを減額し、又は免除することができる。

(指定管理者が定める利用料金)

第5条 指定管理者は、第4条の規定にかかわらず、あらかじめ町長の承認を得て、同条に掲げる額の範囲内において別に利用料金を定めることができる。

(利用料金の収受)

第6条 町長は、指定管理者を指定したときは、利用料金を指定管理者の収入として収受させることができる。

(委任)

第7条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年1月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の成川キャンプ場施設条例(昭和39年広見町条例第27号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成18年7月4日条例第54号)

この条例は、平成18年9月1日から施行する。

附 則(平成25年3月8日条例第22号)

この条例は、平成25年4月1日から施行する。

別表(第4条関係)

区分

使用料の額

テント 1帳

1夜又は1日につき

315円

毛布 1枚

21円

灯火 1灯

52円

飯合 1ケ

52円

薪 1束

31円

つり竿 1本

1回につき

210円

鬼北町成川渓谷キャンプ場施設条例

平成17年1月1日 条例第168号

(平成25年4月1日施行)