○鬼北町特別職の職員で非常勤のものの報酬等に関する条例

平成17年1月1日

条例第42号

(趣旨)

第1条 この条例は、別に定めるもののほか、地方自治法(昭和22年法律第67号)第203条の2の規定に基づき、特別職の職員で非常勤のもの(議会の議員を除く。以下「特別職の職員」という。)の報酬等に関し必要な事項を定めるものとする。

(報酬)

第2条 特別職の職員の報酬は、別表第1のとおりとする。

(費用弁償)

第3条 特別職の職員が公務のため旅行したときは、その旅行について費用弁償として旅費を支給する。

2 前項の規定により支給する旅費の額は、別表第2のとおりとする。

3 前項に定めるもののほか、特別職の職員に支給する旅費については、鬼北町職員等の旅費に関する条例(平成17年鬼北町条例第50号)の例による。

(委任)

第4条 この条例の施行に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この条例は、平成17年1月1日から施行する。

附 則(平成18年1月16日条例第2号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成18年3月20日条例第12号)

この条例は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成18年7月25日条例第64号)

この条例は、平成18年8月1日から施行する。

附 則(平成19年6月29日条例第21号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成20年9月18日条例第21号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成22年3月9日条例第3号)

この条例は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成23年9月15日条例第15号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成28年3月4日条例第2号)

(施行期日)

1 この条例は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成28年12月13日条例第28号)

(施行期日)

1 この条例は、現に在任する農業委員の任期満了の日(農業委員会の選挙による委員の全員が全てなくなったときは、そのなくなった日)の翌日から施行する。

別表第1(第2条関係)

区分

報酬の額

教育委員会委員長

年額 259,000円

教育委員会委員

年額 218,000円

選挙管理委員会委員長

年額 86,000円

選挙管理委員会委員

年額 46,000円

監査委員

識見者

年額 308,000円

議会選出者

年額 235,000円

農業委員会会長

年額 150,000円

農業委員会委員

年額 140,000円

農地利用最適化推進委員

年額 140,000円

固定資産評価審査委員会委員

日額 6,000円

行政不服審査会委員

日額 6,000円

総合開発計画審議会委員

日額 6,000円

中小企業融資審査委員会委員

日額 6,000円

消防委員会委員

日額 6,000円

国民健康保険運営協議会会長

日額 6,000円

国民健康保険運営協議会委員

日額 6,000円

診療所運営委員会会長

日額 6,000円

診療所運営委員会委員

日額 6,000円

文化財保護委員

年額 15,000円

スポーツ推進委員

年額 32,000円

公民館長

年額 375,000円

公民館運営審議会委員長

年額 20,000円

公民館運営審議会委員

年額 15,000円

投票管理者

日額 12,600円

期日前投票所の投票管理者

日額 11,100円

選挙長・開票管理者

日額 10,600円

投票立会人

日額 10,700円

期日前投票所の投票立会人

日額 9,500円

開票・選挙立会人

日額 8,800円

交通安全指導員

年額 29,000円

都市計画審議会委員

日額 6,000円

鬼北地区介護認定審査会委員

日額 10,000円

障害者自立支援審査会委員

日額 10,000円

その他の地方自治法第138条の4第3項及び同法第174条による委員

日額 6,000円

(ただし、任命権者が日額により難いと認めたときは、任命権者が町長と協議して別に定める額)

上記以外の地方公務員法(昭和25年法律第261号)第3条第3項第2号及び第3号に規定する者

任命権者が町長と協議して別に定める額

備考 年額の報酬を受ける特別職の職員の在職期間が1年に満たないときは、日割によって計算した額を支給する。

別表第2(第3条関係)

区分

旅費額

鉄道賃

船賃

航空賃

車賃

日当

(1日につき)

宿泊料

(1夜につき)

食卓料

(1夜につき)

その他の旅費額

特別職の職員等で非常勤のもの(議会の議員を除く。)

県内

運賃実費

2等実費

 

バス運賃実費若しくは1キロ当たり

37円

900円

9,000円

2,600円

行政職給料表の適用を受ける職員の相当額。ただし、外国旅行の場合の日当、宿泊料及び食卓料については、それぞれの相当額に10%を加算した額を支給する。1日又は1夜当たりの額に100円未満の端数を生じたときは、これを切り捨てる。

県外

運賃実費

1等実費

実費

同上

1,300円

13,000円

備考

1 鉄道賃等は、特別急行及び急行があり、それらの使用できるときは、その料金を加算することができる。

2 日当は、片道50キロメートル未満の地区は支給しない。

鬼北町特別職の職員で非常勤のものの報酬等に関する条例

平成17年1月1日 条例第42号

(平成29年7月20日施行)

体系情報
第5編 与/第1章
沿革情報
平成17年1月1日 条例第42号
平成18年1月16日 条例第2号
平成18年3月20日 条例第12号
平成18年7月25日 条例第64号
平成19年6月29日 条例第21号
平成20年9月18日 条例第21号
平成22年3月9日 条例第3号
平成23年9月15日 条例第15号
平成27年3月6日 条例第3号
平成28年3月4日 条例第2号
平成28年12月13日 条例第28号